食の資格といえば

食に関する総合的な資格

調理以外の食に関する資格

フードコーディネーターとは、情報や知識を駆使して、食をプロデュースするスペシャリストです。料理人として技量があるだけでなく、素材や調味料に関する知識、食器や盛り付けに関するセンス、時代のニーズを感じ取る感性などが求められるものです。主な仕事として知られているものは、食に関する商品開発、飲食店のメニュー開発やコンサルティング、プロデュース、撮影などに使われる食べ物の調達や調理、コーディネイト、料理教室の企画・運営など多岐にわたっています。フードコーディネーターの歴史はまだ20年ほどと浅いため、なるために資格が必須というわけでなく、自分の力で活躍している人もいます。しかし、これから、この分野で働こうというのなら、認定資格は、是非、取得しておきたいものです。

フードコーディネーターとは?

フードコーディネーターとは、NPO法人日本フードコーディネーター協会が主催する民間認定資格です。細分化・専門化が進む中、食のスペシャリストとして専門分野を持ち、他の分野のスペシャリストをコーディネートし、フードビジネスのプロデュースやマネジメントができる人材であることを認定するものです。食に関する幅広い知識を持ち、顧客のニーズを的確につかむ能力を持ち、仕事の規模や質に応じてチームを組み、各分野のスペシャリストに的確な指示を出し、最善の結果を出すことが求められます。資格は、3級から1級まであり、試験はそれぞれ年1回行われます。

↑PAGE TOP