食に関する資格で活躍

食に関する資格の難易度

フード関連資格の難易度は

フードコーディネーターとは、いわば「食」のスペシャリスト。レストランのプロデュースやメニューの決定、料理番組の企画や演出、食品メーカーでの新商品開発など、その活躍の場は多岐に渡っています。そんなフードコーディネーターの資格は現在、1級から3級まであり、それぞれに試験を受けることになっています。取得の難易度については3級で合格者が7〜8割と言われていますので、しっかりと勉強をすれば、そこまで難しいわけではなさそうです。また、調理師や栄養士など食に関する資格をすでに持っている場合は、一部試験が免除になるなどの措置がありますので、食のプロには少し有利な部分もあるようです。

活躍できるフィールド

フードコーディネーターはもともと料理をするのが好きだったりする人には天職ともいえる資格とえいえます。食のプロフェッショナルとして人々の健康面や美容面を考慮したレシピやアイデアの提供を行う発想力や正確な知識が求められるわけです。最近では飲食店のアドバイザーとしてメニュー開発だけでなくトータルマネジメントを任せられたり自ら料理教室を開催し講師として参加するなど活躍のフィールドも拡がっています。フードコーディネーターの資格を取得するには特別な学歴は必要ありませんが調理系の学校を卒業したのち、企業の食品開発などを経てフリーランスとして活躍するケースが多いです。

↑PAGE TOP