食に関する資格なら

フードコーディネーターの資格

フードコーディネーター資格とは

フードコーディネーターは、食に関する幅広い知識を持ち、食の楽しみ方や食環境など、様々な食の情報提供や提案を行っていく仕事です。働く為には、必ず資格がいる訳ではありませんが、最近ではフードコーディネーター資格認定試験に合格するのが、この仕事をやっていく上での登竜門となっています。主な仕事内容としては、食品メーカーの商品開発やレストランの新メニュー開発、自治体や企業への食のアドバイザーとしての役割などがあります。どんなものが流行するのか、時代の流れを見つつ、食品に対する知識やクライアント、消費者が求めるものを探っていく力などが必要とされます。

フードコーディネーターの資格

フードコーディネーターは食分野を極めたスペシャリストです。商品開発や飲食店のプロデュース、コンサルティング、書籍などの執筆活動、講師など、食に関する情報を提案するのが主な活動内容です。そのため、料理以外にも旬の食材や飲み物まで食に関するあらゆる知識が求められます。フードコーディネーターに関する資格として、民間団体が実施する日本で唯一の認定試験があります。この認定試験には入門レベルの3級からアシスタントレベルの2級、プロフェッショナルレベルの1級まであります。2級と3級は筆記試験、1級は筆記試験と面接試験があり、各級とも年1回行われます。認定試験に合格した後、登録手続きを行えば資格保有者として認定され、食品業界など就職・転職する際にも有利です。

食に関する資格の情報

新着情報

↑PAGE TOP